エッセンシャルオイル(精油)

ペニープライスの「エッセンシャル オイル」(精油)の特徴

エッセンシャルオイル(精油)とは

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。 有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマセラピーの基本となるものです。

ペニープライス社のエッセンシャルオイル

ペニープライスの「エッセンシャル オイル」(精油)の特徴1

アロマセラピーで正しく使用されるためのエッセンシャルオイルを産み出すには、 殺虫剤、人工肥料などは、決して使ってはならないのです。 人・車の通るような道から離れて、植物に最適な天候状態を保てる地域で栽培されなくてはいけません。

植物の成長は、 − 太陽と雨、健康な土壌、海抜の高さ − に影響を受けます。
太陽が近くであればあるほど、空気が清浄であればあるほど、植物はいっそう多くのエネルギーを吸収することができます。

素晴らしい環境で育った健康な植物から採られるエッセンシャルオイルは、生き生きとした共力作用(synergy)のエネルギーを持っています。合成された香料は,見た目,匂いはエッセンシャルオイルに似せることができますが、この共力作用をもつことは決してできないのです。

ペニープライス社のエッセンシャルオイルはすべて自然耕作により、有機的に栽培されます。

「自然耕作」という言葉は、栽培農場と、そこで育つ植物が、環境、土壌、肥料、殺虫剤あるいは他のいかなる人工的、化学的なものによる汚染に影響されないことを意味します。

ペニープライス社のエッセンシャルオイル

ペニープライス社のオイルは、ECOCERT認定1取得の有機栽培です。

ペニープライスの「エッセンシャル オイル」(精油)の特徴2

ECOCERTは、1991年にフランスの農学者の団体によって 有機栽培食品を認可することがおもな目的で設立されました。

フランストゥールーズに本部をおき、ヨーロッパを中心に世界80カ国以上で活動しています。世界最大の第三者有機栽培認定機関で、 オーガニック認定団体の世界基準とも言われています。日本の有機JAS認定もありますが、ecocertの基準のほうが、厳しいといわれています。

ECOCERTの認証を受ける為には、農薬・化学肥料・殺虫剤・除草剤といった添加物などを過去5年間一切使用しておらず、 他の畑(通常の畑)との距離や環境(工場等)等、厳しい審査をクリアしなければなりません。

また、ECOCERT認定を受けるには、毎年1回、土壌検査から保管場所、添加物にいたるまで厳密な検査を行い、合格しなければいけません。

このような最高水準のエッセンシャルオイルだけが、我々が安心して取り扱うことの出来るエッセンシャルオイルなのです。 ペニープライス社は、このオイルをお使いになる皆様と、自然に向き合い苦闘している農家をサポートすることに全力を尽くしております。







サイト内検索
アロマについて
商品を探す ~アロマオイル 商品一覧~

アロマオイルを香りから選ぶ

50音順で選ぶ

アロマオイルを効能で選ぶ

アロマオイルを目的で選ぶ

アロマコスメ

フラワーレメディ

アロマ関連グッズ

お買い物について