入浴中でのアロマオイルの使い方

入浴中でのアロマオイルの使い方1

アロマオイルを入浴時に使う方法をご紹介します。

お風呂の中でもアロマセラピー!

極上のリラックスタイムで

1日の疲れをしっかり解きほぐしましょう



◎バスソルトでアロマバス◎

アロマバスは、アロマの香りだけでなく

からだの皮膚からアロマの有効成分が吸収される

アロマセラピーの良いところを簡単に

取り入れることができる方法です。

リラックスするためには体を温めるのが効果的

と言われています。

アロマバスは疲れている時だけでなく、

寝付きの悪い方にもお試しいただける、大変おすすめの方法です。

お湯をはったバスタブにバスソルトを溶かし、

よくかき混ぜてから入ります。

~死海の塩を使ったバスソルトの作り方~

大さじ2杯程度(30グラム)の死海の塩に、

お好みのアロマを合計5滴を加え、軽く混ぜます。

(作り置きする場合は2週間以内に使用してください。

香りが蒸発してしまいます



死海の塩はこちら

◎バスルームで芳香浴◎

夏の暑い日や、バスタブに浸かる予定ではない日は、

バスルームの隅にアロマを1滴たらしておくと

シャワーの蒸気で香りが立ち上ります。


<こんなシーンでアロマセラピーが活躍!>

◆疲れがたまっているとき

◆寝つきが悪いとき

◆リラックスしたいとき

 3839度のぬるめのお湯に、長めにつかるようにしましょう。

◆リフレッシュしたい時

熱めのお湯にサッとつかるのが効果的です。

その他こんな使い方も

 全身浴だけではなく、部分浴もアロマを使って効果的に。

 ハンドバス(手浴)冷え性や肩こりの方

 フットバス(足浴)全身の血行が促進されます

 座浴婦人科系のトラブルを抱えている方


<おすすめのアロマオイル>


安眠したいとき

体が冷えている

お肌がツルツルに

冬の寒い日は

優雅な気分のバスタイムに


掲載日:2018-10-26




おすすめのアロマオイルのご案内
サイト内検索
アロマについて
商品を探す ~アロマオイル 商品一覧~

アロマオイルを香りから選ぶ

50音順で選ぶ

アロマオイルを効能で選ぶ

アロマオイルを目的で選ぶ

アロマコスメ

アロマ関連グッズ

お買い物について
関連サイト
ティリィア公式サイト