オーガニックと有機栽培と自然栽培の違いとは?

オーガニックと有機栽培と自然栽培の違いってなんでしょう?

有機栽培なので「オーガニック認証」を取得する。
では自然栽培とは何でしょう?

似たような用語が並ぶので、少し混乱しますね。

そこでイギリスのペニープライス社からのコメントと
弊社代表塩田の解説をまとめましたのでご紹介します。


<「自然栽培」の定義と意味>
ペニープライス社のセラピューティックエッセンシャルオイルは、
すべて「有機栽培」または「自然栽培」のいずれかです。

「自然栽培」という用語の意味は、

◯植物が栽培されている畑、
◯育つ環境
◯植物自体が汚染、農薬、その他の干渉物質などの影響を受けていない

ということの保証ができるものです。

作物の「オーガニック認証(有機栽培の認証)」を取得するには、
畑を検査するために政府に多額の検査費を支払わなければなりません。

しかし農家は高額な検査費を支払うだけの資産を持っていないので
明らかにオーガニックな作物でありながらも「オーガニック認証」を取っていないため
オーガニックの表示ができません。

そこで「自然栽培」という名前のもと、作物を販売しています。

このようにオーガニック認証がなくても
自然と共に栽培された植物はペニープライス社の製品・オイルの原料として大変重要です。


<生産者のサポート>
ペニープライス社は真摯に働いている農民をサポートしています。
彼らを支援することは貿易の平等に繋がると信じています。
同社では、アロマセラピーを頼んでいる皆さまにもぜひ、苦労している農家を
サポートしていただきたいと願っています。


<エッセンシャルオイルの品質について>
ペニープライス社のセラピューティックエッセンシャルオイルは、
ガスクロマトグラフィーで実験室でテストされ、本物がどうかが証明されています。
高品質のオイルだからこそ、香りの活力が働きかけるのです。


オーガニックであることの証明には多額の検査費用がかかるそうです。
そのための資金を持っている農家は少なく、
真の意味でオーガニック(有機栽培)であるにも関わらず、
オーガニックと表示できないようです。
そこで登場するのが「自然栽培」という言葉。

ペニープライス社のエッセンシャルオイルの説明の中には
「自然栽培」という言葉が頻繁に出てきますが
その言葉の真の意味を今回のコラムでお伝えできていれば幸いです。




オーガニックと有機栽培と自然栽培の違いとは?1

掲載日:2021-03-12